ドラえもん

MENU

ドラえもんの映画、みたことありますか?

子供の頃、妹とよく「ドラえもん」の映画をみにいった。
一番好きだったのは「のび太と鉄人兵団」。

 

スネ夫のロボットより大きなロボットが欲しかったのび太がドラえもんにワガママをいって困らせて喧嘩になる。
ドラえもんが南極に飛び出していって、寂しくなったのび太が南極に連れ戻しにいったらそこにロボットのパーツが。

 

地球を侵略する為に宇宙から送り込まれたロボットと知らずに。

 

なんといっても、この映画の最大の見所は、敵であるはずのリルルの心境の変化。
最初は地球人を奴隷とすることに何の迷いもなかったのに、しずかちゃんやのび太と触れ合う内に間違いに気づいていくんだよね。

 

最後には鉄人兵団の団長?に「間違ってる」ってはっきり言うんだもん。
「地球人を奴隷にすることは間違っていると思います」って。
あそこでウルウル。1回目。

 

鉄人兵団と戦う事になって、しずかちゃんとリルルはロボットの産みの親の博士のところに。
プログラムを書き換えてもらう為に向かう。
でも、書き換えるということはリルルも消滅してしまうっていうこと。

 

それでもリルルは自分でそれを行おうとする。
自分でプログラムを書き換えて、天使のようなロボットに生まれ変わりたいって言う。

 

リルルが消滅しちゃう時のしずかちゃんの「りるるーー!」の叫びで大泣き。
未だに泣ける作品です。